黒田卓也セッションに行ってきました!

黒田卓也さん主催のセッションに行ってきました。

今日はその模様をふり返っていきまっせ。

そもそも黒田卓也って誰?

ニューヨークで活躍するトランペット奏者。トレードマークはアフロ。関西出身でMCでの喋りが異常にうまい。

日本人ではじめてブルーノートというジャズレーベル最高峰の会社と契約をしたり、報道ステーションのOP曲を作ったり、MISIAと共演なんかもしてる。とにかくすごいお方。

https://www.youtube.com/watch?v=_zcOZBPzlNE

その黒田さんが日本でツアーするために来日。そしてなんとセッションを開催するという。

宝くじ感覚で応募。ご自身の演奏がわかるような映像や音源のリンクと共にということだったので、

大学時代の学園祭で黒田さんのpiri piriという曲を演奏した動画を送りつけてやった。

ちなみに死ぬほど拙い。

まさかの当選。

ま さ か の 当 選。

セッション当日の模様

セッションは新宿ブルックリンパーラーで開催。

おしゃれだし、定員さんは親切だし、メシも酒もうまいし言うことなし。最高の環境。

受付で自分の名前を告げたら、「アーティストの方ですね。お待ちしておりました」と関係者席に通されました。

アーティストなんてはじめて言われたし、しかもこの待遇。圧倒的恍惚…

そうこうしているうちに黒田御一行到着。

黒田さんが順番にやりたい曲を聞いていきます。

piri piriやりたいですと僕がいうと、「ええやん ええやん やろか!」との返事をいただきました。よっしゃー。

セッション開始

ホストメンバーでの演奏が終わり、一人一人が呼び上げられていくステージに上がっていく。

そしていよいよ僕の番、

……

「今宵はスーパードラマーの昆野さん(本名)をお呼びしてます! 昆野さんカモンメーン!」

的な感じで紹介されて、ステージでがっちり握手したのは覚えてるけど、そっからの記憶がない。

まさに夢見心地。

実際の演奏がこちら。まさかご本人と演奏できる日がくるとはね。大学時代の僕に教えてあげたいよ。

音楽やってきてよかった。

そのあとはプロもアマも入り混じって、怒涛のセッション。

お互いにしのぎを削る、そして称え合う。最高だ。

今回のセッションで触発されまくり、もっとうまくなりたい欲がスゴイ。

もっともっといいドラムを叩けるようになって、

そしていずれニューヨークへ殴り込みに行くぞ!!! 決めた!! やる!!

はい以上です。。

ここまでみてくれてアザス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です