ドラムマガジン2018年10月号で紹介されてたシンバル全部まとめてみた。Istanbul Agop編

おいっす努裸カズトです。

今回はドラムマガジン10月で紹介されていたシンバルをすべて音源と共にまとめてみたから、シンバルを買う際に参考にしてくれ。

ドラムマガジンで紹介されていたのは

  • Istanbul Agop
  • Istanbul Mehmet
  • Bosphorus Cymbals

という3つの会社のシンバル。

これを3回に分けて記事を書いていく。今回はIstanbul Agopにまとめてみたぞい。

Istanbul Agop

Traditional Series


イスタンブールの一番ポピュラーなモデル。ポップスにもロックにもジャズにも使える、全方位対応シンバル。

こちらは国内エンドーザーのショボンさんのドラム。ニコ動好きな人は一回くらいみたことあるのでは?

Traditional使用してますね。

30th anniversary


イスタンブール・アゴップの30周年を記念した、基本に忠実に立ち返ったモデル。

このビンテージ感溢るる見た目がいいよね。じわ〜っと広がる倍音もGOOD!

Special Edition


これ試奏してみたんだけど、シンバルレガートすごくやりやすかった。jazz rideの名に偽りなし。

Signature


僕の一番のお気に入りはこのsignatureモデル。シンバルレガートした時の倍音の気持ち良さ。これに尽きる。

こちらはたまたまyoutubeで見つけたhanage48さん。

そのふざけた名前からは想像できないくらい良いドラム叩きます。能ある鷹は爪を隠すスタイルかちょいい。

signatureのライドとハイハットを使用しているので聞いてみてください。

Mel Lewis


ビックバンドで活躍したドラマー、メルルイスモデル。他のモデルと比べても音が明るめ。


こちらは盟友サドジョーンズとのビックバンドでの演奏。

Cindy Blackman


技巧派セッション・ドラマー、シンディ・ブラックマン・サンタナの熱望により往年のジャズ黄金時代50sサウンドを現代風にアレンジしたモデル。

そこはかとなく漂うトニーウィリアムズ感。

Custom-Turk


Turkシリーズは全く磨きをかけない製法で造られている。素材で勝負。高卒ドラ1シンバル。

イシバシ楽器  渋谷WESTの店員さん曰く、Turkは他のモデルと比べても個体差が激しいらしい。購入の際は叩きくらべるのが吉。

国内エンドーザーの石若駿くん。Turkのライドを使用してます。クラッシュした時の音がいい。

Xist Traditional


Xistモデルは個人的にはこの穴あきモデルが買いだと思う。このシンバルの音は色んな音楽や場面で使えそう。シンバル界の所ジョージ。

Sterling

 


新しいモデル。ジルジャンのAシリーズっぽい?

Xist Dark ION


Xistの黒くしたやつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です