ドラムが叩ける物件?ドラマーズハウスに内見に行ってきた

 

先日賃貸のサイトをなにげなく見ていたら、

すごい物件を発見をしてしまった。

ドラム可物件?

それも立地が川崎… 都会やん。

俺なんて自分の部屋で練習パット叩いてるだけで壁ドンがくるというのに。

ふつうの一軒家だし、まわりから苦情とか来ないの?

とすごく気になったので、管理人さんに連絡してあがらせてもらうことに。

というわけで実際に内見してきた

管理人さんの部屋。普通にドラム置いてあった…

ガチやん。

自分の部屋をDIYして、防音室に作り上げてしまったらしい。

DIYってレベルじゃねーぞ。

居間に通されると、どでかいミキサーと対面。

なんとお家にいながらレコーディングができるんだとか。

防音室が他にも二つあって、

ほかの部屋の様子はモニター越しに見れる。

これを業者を使わずに改築したんだからすごい。

この家で撮影したのがこれ。


遊んでいれば誰かとつながれる時代

今もこのおうちは工事が進んでいっている。ルームメイトたちと一緒になって。

DIYで遊んでたら楽しくなって、気づいたらこうなってましたとハニカミながら語ってくれた管理人さん。

いいよね。この感じ。遊びから創造は生まれるんだよね。

また何かに夢中になって遊んでると、混ぜてと言ってくる仲間が現れる。

そうやって誰か繋がれるのだ。

しかも今の時代SNSでいくらでも自分の「遊び」は発信できるのだ。

だれかとの繋がりが欲しかったら全力で遊ぼう。そしてそれを発信しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です